2008年2月1日 〔金〕
《 朝食は世帯主の大好物 》
昨夜、Kちゃんから「花笠そば」が届いた
世帯主の大好物と知って、わざわざ地元からお取り寄せ
実家のある 山形尾花沢市の美味しい蕎麦
以前にも頂いて美味しさはしっかり確認済み
飲むも食うも運動もハンパで無くトライする世帯主に
ちょっと身体を休めなさい!という原点の食なり
生そばは、少し長目で6分程茹で冷水で濁り無くなるまで洗う
今朝は、長いもをすりとろろを添えていただきました。旨いっ!
昨今、ニュースで問題になっている危険な中国食品の品々
自然食品を心がけ、安心と満足感を考えたら
作り手も食べる人も迷うことなくmade in japan
これを機会に、我が家の食卓も見直そう

2008年2月3日 〔日〕
《 K議員を囲む新春バスツァー 》
想定外の雪で予定が完全に遂行不可能状態となり
東北道で行く路筋も、常磐道で向かう道順となり
しかるべく昼食等もとんでもなく変更になってしまった
昼食は、やっと進んだ水戸インターを降りて水戸ドライブインで
(いつもゴルフの時立ち寄りお土産品等冷やかして見る処だ)
予定の200以上の昼食のキャンセルはどうしたのかしら?
ここの昼食は急遽決定して儲かったかしら?
おばさんとしては、いろいろ頭の中を巡るものがある お節介
水戸なら、白いご飯に納豆で十分美味しいのに
結局お弁当で彩りはいいけれど味はいまいちで悲しいかな!
贅沢はいえないけれど・・・・つづく

2008年2月3日 〔日〕
《 K議員を囲む新春バスツァー 》
予定の観光場所を全てキャンセルし辿り着いた大川荘
温泉に浸かって さあっ 宴会だ!
一通りのおきまりの料理の他に温かいもの
左⇒鶏肉のスキヤキ しゃもだそうで、身が締まった味深い
右⇒地元国産牛の陶板焼き 下の柚子味噌だれでいただく
鍋より美味しさは際立つ
仲居さんのてきぱきとしたお膳造り 時間通りに火がつく
女将さん、仲居さんの手際良し
その振る舞いも味の内  つづく・・・

2008年2月3日 〔日〕
《 K議員を囲む新春バスツァー 》
福島に伝わる郷土料理 初めての汁もの
〈こづゆ〉⇒冠婚葬祭に必ず作るという汁だそうで
貝柱ときのこ類でだしをとり、里芋、人参、根菜類等
 山の幸海の幸いろいろ入れ
油を使わず薄味で上品に仕上げるという
豆麩がいっぱい汁の上を覆う程入り伝統の席に相応しい食材
貝柱の深いだしが効いていて美味しい
何杯でもおかわりして召し上がれ!と言われた
おかわりが作り手腕のみせどころ
椀も、薄い広口のこの汁用のもので会津塗りの椀だ
家庭では、義母から嫁に受け継がれる味だという
美味しさは、伝統と愛情の伝承からなるものか
 つづく・・・


2/3 宴会〆の鯛めし
かっちり一膳分を釜で炊く 香ばしさに
おかわり 欲しいっ!
2008年2月4日 〔月〕
《 K議員を囲む新春バスツァー 》お土産に喜多方ラーメン



2008年2月10日 〔日〕
《 鮨 食いねぇ〜 》
この2週間ばかり、世帯主 〈痛風〉でダウン
自宅での食事は、薬とお茶と粗食で通した
やっと本調子になったのを機に、
同じ痛風仲間の黒沢博さんが昼食に誘ってくれた
世帯主は心持ちネタを選んで機嫌良く嬉し顔のメニューに
私ときたら、そんな事お構いなしでこの有様
そうです。
好きなネタで目いっぱいいただいちゃいました。 
すみません
思いやりの無い連れ合いですが、お久しぶりのお鮨で
心 うきうき わくわく 日本人で良かった!
星川 広寿司にて


ありぁ〜 しっかり元取って食べまくり
女の底力を見せ付けたひと時

トレーニングをしても全部消化には追いつかないと
解った

2008年2月11日 〔月 休日〕
《 食べ放題の誘惑 》 銀豚にて
女友達からのお誘い“しゃぶしゃぶの食べ放題”



2008年2月16日 〔土〕
《 空の土鍋じゃ何食うの? 》
相鉄線 星川の聚慶楼に誘われた
6人いたので、いろいろなメニューをピックアップしてくれ
最後の〆に出たのが この土鍋の“豚の角煮入り土鍋焼き”
名前の通り、角煮と野菜のこってり濃厚な味付とろり煮が
焦げたごはんの上にたっぷりのっかっていて
じゅ〜じゅ〜いいながら運ばれてきた
石焼きビビンバの如くスプーンで底のオコゲを剥がしながら
しっかり混ぜまぜしいただく
すっかり食べたところで写真撮るのを忘れて しまった!
後の祭り 
オコゲの上に熱々を掛けていただくあれとは違うんだけれど
何とも美味しい土鍋焼きでした
土鍋の形もなかなかユニークね!


2008年2月22日 〔金〕
《 今月のおすすめはイカらしい 》
食いしん坊Mちゃんのお誘いは「ホテル横浜ガーデン」の〔上海酒家〕
65種類ものメニューをどんだけ〜食べても¥5,250-
普通メニューをどんどん注文して食べつくす。っていうヤツ
恐ろしい〜じゃあーりませんか!
女3人で6時に予約し、オーダーストップ9時迄食べ続けた
何種類のメニューをピックアップしたか数えてなくて残念
しかし、良くもまあ食べたこと
おしゃべりも沢山だけれど、バイキングじゃないけれとど
食べ放題のシステム 酒を呑まない女同士にゃもってこい
男では絶対元を取れないシステムは
か弱い〔?!〕女にゃ嬉しい 嬉しい
ただ、目一杯の食に挑んだ訳だが、私苦しい お腹苦しい


蟹とフカヒレと卵のスープ 絶妙なお味
(お代りしたらここでアウトかな?)
2008年2月22日 〔金〕
《 永遠と続く美味しいものの数々・・・》 中華街と違うオシャレ!!



2008年2月24日 〔日〕
《 日影茶屋でちょっとお洒落な日本料理  》 
「茶屋膳」
前菜= さよりと海老の俵鮨 粟麩の木の芽田楽
若さぎの酒煮 他
友人が決めてくれた葉山の日影茶屋には
ライトアップされた庭園の見える席が用意されていた。
薄紫の着物の女性と粋な半纏が似合う男性とが行き来し
春の香漂う食材の料理がつぎつぎに運ばれてくる。
自分の家では到底お目にかかれない食べられないメニューの数々
“美味しいっ!”という言葉しか暫くは出てこない
目で感激し味ではもっと感激しながら
そして、ここでは器でも美味しさを味わった
たまには、こんな素敵な処でお食事しなきゃねっ! 続く・・・


椀=青豆摺り流し
爽やかな喉越し 早取り蕨 
2008年2月24日 〔日〕
《 日影茶屋でちょっとお洒落な日本料理  》  お造り 魚5種



焼物=鱒の菜の花焼き   
美味しい
春味って感じでいいわ〜
大根の蝶々が飛んでいるのよ!
2008年2月24日 〔日〕
《 日影茶屋でちょっとお洒落な日本料理  》 

煮物=春キャベツと豚バラの重ね煮  上品薄味


酢の物=蟹のゼリー掛け
季節の春野菜が沢山 シャキっと美味しいわ
あんまり酢っぱくなくてグー
2008年2月24日 〔日〕
《 日影茶屋でちょっとお洒落な日本料理  》 

豆腐粥 崩した豆腐とカリカリあられがなんとも程よくマッチ