2006年5月5日〔祝〕   
《 でっかいシジミ 》
親友の荒井牧場で
筍堀りや牛と戯れ帰宅の途に着いた。
涸沼湖畔の料理屋さんに立ち寄り
“シジミの酒蒸し”いただきます
涸沼で獲れるシジミはちょっとお高いが美味しい
つぶが大きく、まるでアサリのようだ。
天然ものはだいぶ少なくなってきたらしい
美味しさは貴重
       

2006年5月5日〔祝〕   
《 またまた 筍の季節です 》
ゴルフ強化合宿の帰り、親友宅の裏庭で
筍堀りに挑戦
写真以上の戦利品をおしゃべりの合間に
全ん〜部ゆがいてくれた(ホント過保護)もの
帰宅して夜、さつま揚げと一緒に
甘辛く煮あげました。
掘ってすぐに茹でたのでとても柔らかく
味も染みやすかったので美味しさも抜群
旬の素材は新鮮さが命ね 旨いっ!
       

2006年5月6日〔土〕   
《 とげぬき地蔵通り商店街 》
東京 巣鴨 とげぬき地蔵をお参り後
遅い昼食といおうか早い夕食になるのか?
八ッ目鰻で有名な「にしむら」に入った。
“鰻重の上”っと、思いっ切り奮発したつもりが
“特上”っと言えない。やっぱり悲しい主婦か
しかし、鰻は鰻じゃ
香の物がたっぷり、いい味で満足
何だか嬉しい お腹も喜ぶようです。
最後のお茶もいただいて、ご馳走様
       

2006年5月11日〔木〕   
《 至福のひととき 》
立春から数えて八十八夜に摘み取る茶葉は
キラキラ光る朝日を浴びて美味しいお茶になる
Nさんの故郷はお茶の産地 静岡
彼の友人の茶園から届いた新茶です。
近頃、カテキン含有量が豊富なインスタント ティーを
TVの影響で飲んでましたが、
美味しい新茶いただいちゃったら
他のが飲めなくなっちゃうね 香りふわっ〜
季節の味が身体中に染み渡る
       

2006年5月20日〔土〕   
《 美味しい割烹 衣笠温泉旅館 @ 》
最初に出たのは、大舟盛り
大トロから伊勢海老、雲丹、さざえ・・・
究極、出ました!
〔鮑の踊り焼き〕&〔鮑の刺身〕
柔らかく、バターを少し付けて頂く=旨いっ
こんな美味しい柔らかい鮑はじめてです
お刺身は、硬くない適度な歯ごたえと
清涼感溢れる潮の香と味
感激ものの鮑特集
       

2006年5月20日〔土〕   
《 美味しい割烹 衣笠温泉旅館 A 》
椀物=ゆば、里芋、ナス、インゲン(優しい味つけ)
茶碗蒸=卵って、こんなに美味しいものだった
天ぷら=茗荷、蟹、筍(茗荷が美味)
その他 いろいろありまして
ご飯=筍ごはん(割烹膳のお味イイ)
最後に甘いスイカと香り豊かコーヒー
本日は、特別注文の鮑をいただきまして
私的には、200l満足しちゃいました
サンキュー義兄!あっあ〜 幸せ 幸せ 
       

2006年5月23日〔火〕 AM 7:03  
お早うございます
今日も、しっかり朝食取りましょう
夕べの内に煮物を作っておきました。
里芋、大根、人参、昆布、蒟蒻そして鶏肉
味付けはヤマサの「昆布つゆ」
最近、このつゆで煮るのが常。
煮物によって、甘み足したり何したり
いろいろ試してみた結果、私の味付けにピッタンコ
一晩おくと、しっかり味が染みていて
ふふふ  美味しい煮物  出来上がり
       

2006年5月24日〔水〕 PM 20:50 
世帯主とK氏の二人がメールで言ってきた
“蕎麦一緒に食おうよ”
付き合ってやるか!
丼からはみ出る程の海老天丼と穴子丼が
有名なお店です。がっ、今夜
ご飯はちょっと敬遠し、お蕎麦で参りましょ
《野菜天ザル》 ¥900ナリ
蕎麦自体の味がまろやか
つけ汁の器が広めで食べやすいのが嬉しい
JR石川町駅北口並び [佐久良屋] 
       

2006年5月25日〔木〕  
『梅沢登美男〜魅力のすべて』
又々半額以下のお安いチケットで観に来た我ら
ミキちゃんとの実演(?)荒らしコンビは
幕間にお土産の試食コーナーでも活躍した
ひよこ豆の加工品で、その周りにきなこ付き
豆といい、きなこといい
 中高年おばさんの好きそうなお茶うけ菓子
“健康にイイのよっ”と
いわれりゃ皆のサイフの紐も緩んでた
試食しただけ ご馳走様
       

2006年5月28日〔日〕  
毎年恒例 ラッキヨウ漬け そのT
鳥取砂丘のラッキョウが店頭に並ぶと
漬けたくなっちゃう虫が騒ぐ。がっ未だ早い
これはその前哨戦
鹿児島産と明記、ちょっと味わってみよう
“お多福醸造”のラッキョウ酢を使って
簡単簡単お手軽甘酢漬けにしてみました。
下処理の塩漬けなしなので本当に簡単
箸休めになったらいいものね
楽チン漬けのお味見はいつごろかしら?
       

2006年5月29日〔月〕  
毎年恒例 ラッキヨウ漬け そのU
鳥取砂丘のラッキウ、見つけた 見つけた
鹿児島産と違って、つぶが揃ってていいわね
2`も購入したものだから・・・・もう・・・
水を流しながら、泥を洗い
ひげ根と芽先を切り落とし形整える
(塩まぶして2〜3時間置くことで塩漬け省く)
熱々の甘酢を瓶の中のラッキョウにかけ流し
冷めたら蓋をし、暗い処へ。
1年後もカリカリの食感を保ったまま
美味しくいただけます