2021年6月12日〔土〕《馬車道散歩》
神奈川県立歴史博物館
「錦絵にみる明治時代」丹波コレクション
大日本帝国憲法発布や文明開化を象徴とする
建物や風景画、上級階級人々等も含め
教科書に出ている様な出来事を画題にした錦絵です。
明治ニッポンの歩みを錦絵というビュジュアルで....
独特の図と圧巻の色使い 明治の絵師凄すぎ
WEB予約でゆったり鑑賞



2021年6月11日〔金〕《山手散歩》
アメリカ山「フラワー&グリーンマーケット」開催
ここアメリカ山産のはつみつ初売り等有り
=蜂育=というここならではの催し
母の顔思い浮かべながら はちみつ飴 購入
明るい陽射しの芝生では思い思いが花と戯れ
笑顔だけが広がり平和な時が流れてる


ゆっくり花見を楽しんだ後は山手通りへ
ベーリックホール(コロナで閉館中) クリフサイド現役(75歳?)

↓元町公園の緑の木々で森林浴?
山を彩る紫陽花に心奪われながら....歩く歩く
観光客も居ないので何て気楽
あっちもこっちもと欲張って歩くときりが無い
今日の散歩はここ迄で。



2021年6月9日〔水〕《碓氷峠のめがね橋》
優美な姿をこの季節に見たいね!!が叶った。
甥っ子バイク組と我ら爺婆車組で出発
途中SAで朝食に合流後は現地入口で待ち合わせ
まるで外国の景色のよう....
壮大な絵画を切り取ったよう....
国重要文化財の赤煉瓦アーチの橋は見事なもの
新緑と青空と赤煉瓦橋
実に見ごたえあるロケーションに圧倒
真夏日にも関わらず風涼しく快適そのもの
この下から上に登りアプトの道を散策
木々を抜けてくる涼しい風に皆“昼寝したいね”と
平日ですので、ほぼ我らだけの山の中
自然と日本最大級のアーチ橋に満足満足
ただただ 凄い 見事....感激


N君!いつも誘ってくれてありがとう⇒


昼食後、富岡製糸場
昨日、700万人目の入場者が....残念無念
群馬は暑い...世界遺産をしっかり見てゆこう
余りの暑さに、姉はヘロヘロで休憩です

ここ富岡で生産された絹は
八王子~横浜へと運ばれ世界に輸出された
いつも散歩の「三渓園」の創始者・原三渓は
この絹産業でとてつもない資産を築き
それを惜しみなく形に残した一人です。
文化人の育成に力を入れたのも有名な話
近所至る所にその名残りが
横浜スカーフ、関内の多くの絹問屋上がりのビル
ホテル、ニューグランドも原一族がトップに名を。
横浜は、富岡からの絹で発展した町です。
いろいろ知識ではあったものの
実際歴史館で年表を見てゆくと
実に解りやすく改めて知る情報にわくわく
暑い暑いと言いながらも楽しいひと時でした。

2021年6月7日〔月〕《街は花盛り》
←市役所ガーデンベァーとランドマークを望む
バラが終わっても、色とりどり草花が溢れる庭
用事済ませぐるっと自転車でひと巡り
赤レンガ倉庫へ行く中央公園が花だらけで凄いっ!!
紫陽花は勿論の事、ユリが綺麗な事と言ったら...
品種改良はどこ迄美しくしたら....と
余りに見事なユリ軍団に言葉失う程
梅雨前線もそろそろの今日この頃
次は、自転車じゃなく歩きでゆっくりみましょ!!




2021年6月3日〔木〕《散歩?エクササイズだ》
折り返し地点「横浜市電保存館」と決定
1時間か? 1時間半掛かった...遠かった
自転車で行く距離でしたが、判断ミスこれ又愛嬌
汗ばむ陽気でも足さばきは軽いが、やっぱり暑い!!
昭和47年迄の約70年に渡って活躍した市電
←500型から↓1100型 いろいろな車両の展示コーナー
当時の街並みも映し出され時代を感じる
市電の歴史は、横浜の歴史ともいえるようだ。
平日ゆえ人影まばら....休憩所も私だけ
水分補給は勿論だが
自販機のアイスクリーム迄コイン投入して......
保存館迄は、幹線道路がほぼなので
散歩というより、ウォーキングエクササイズ
歩数計は15,000越え.....




当時の看板なんて素敵!!



中村八幡宮

町を彩る花々

2021年6月1日〔火〕《三渓園散歩》
いい天気 明っかるい!! 散歩開始~
「三渓園」迄かなりの距離で今日徒歩で1時間
花しょうぶが満開で何てラッキー
園内は散歩人がチラホラで三密とは無関係
太陽の陽射し沢山貰った緑の木々は眩しく
グラデーション豊な森を形成していて清々しい景色
嗚呼っ~心も身体も静かに緩んでいく