2005年6月2日〔木〕 
《 第24回 横浜開港祭 》
「光と花火のコラボレーション」
近年、横文字の言い回しが多くてかなわん!
MM21の臨海パークからのレーザー光線と
海からの花火の競演は見事
関東では一番早い花火大会
今年も、屋形船でのご招待にあずかり
小雨降る中 見事な花火に
“たまや〜”   野毛丸 於

2005年6月4日〔土〕 PM 19:24 
《 道場祭 》
天気予報の雨が当たってしまった
神輿の魂が膨らみ始めた頃
雷を伴う激しい雨で心配したけれど
兄さん、姉さん方の威勢のイイ掛け声に
天空の竜が黒い雲を追い払い
神輿が動き出した。
鶴見区寛政町 市松興産梶@道場前 於

2005年6月16日〔木〕
《 姉と二人ベトナムに行こう! 》
 VN-955 成田発 11:00  ハノイ 3泊4日
 エキゾチック&コロニアルな歴史の街
心癒される水の都
田園都市ハノイの懐かしい街
極上のベトナム料理
美しい手仕事の深い魅力
何でもかんでも見てまわろう!行くぞっ!

2005年6月16日〔木〕 ハノイ市
《 街角のフラワーショップ 》
 店頭のフラワーアレンジメントが目を引く
家族、友人etc...花束の出番が多いらしい
ちょっと ドンくさい(?)デザインだけれど
殆どアレンジしたものを売っている。
男も女も、若者も爺さん婆さんも
競って花をプレゼントし合うそうだ。
街歩く人々を眺めながら想像を試みる。
奇異に感じるが、本当らしい?!

2005年6月16日〔木〕 ハノイ市
《 オーダーメイドのアオザイをつくろう 》
プチ贅沢くらいしなくっちゃ
有名なこのお店を以前から調べておいたの
姉も私も俄然張り切りモード全開で
お気に入りに注文完了
帰りの便出発迄に届くとか。
このドレスに似合うハンドバックも買っちゃった。
お姉さん!私達って、ただ今幸せ状態ね
“ ココ・シルク ” 於

2005年6月17日〔金〕AM 5:51 ハノイ市
《 早朝から賑わう人々と露天商 》
タイ湖畔を囲む道路沿いの公園は
早朝からゾロゾロと人が集まり
中国風太極拳あり、台湾風エアロビクスあり
なんちゃって日本風ラジオ体操あり
バトミントンありの、朝から凄い騒ぎ。そして
香草野菜、果物、訳解らぬ物、etc....
露天商のオバさんは商売に必死
“この国は凄い”

2005年6月17日〔金〕 ハノイ市
《 頑張れっ!ベトナムの測量士さん 》
ワンパターン市内観光の途中見かけたのは
土地の測量
機材がまだまだ遅れているようですが、
社会主義国の中では、
レベルの高い仕事だそうだ。

2005年6月17日〔金〕 ハノイ市
《 バッチャン村の笙子婆っちゃん 》
陶器で有名なバッチャン村に来た。
工房は暑くて見てられない程
通りに出ると凄いのは、“ほこり”
この国の凄さは
朝の体操、商売だけではないらしい
排気ガスの規制も無いし舗装も無し
月光仮面のようなマスクが必需品!

2005年6月18日〔土〕 AM10:37
《 ベトナム戦争の悲劇 》
醜い争いが終結してまだ30年
トイレタイムで立ち寄った土産店の風景ですが、
刺繍作業をしている若者全て身障者
枯葉剤散布は、若い女性の体を直撃し
生まれてくる赤チャン殆どが不自由な身に。
人間は恐ろしい。しかし、
それを観光の目玉にしているベトナム人も
ちょっと不気味な気がした。

2005年6月18日〔土〕 PM13:15
《 ベトナム家庭の事情 》
世界遺産を見る。「ハロン湾クルージング」
風光明媚な景色はそれは見事。が、
15〜20分したらもう小さな舟が
近寄ってきて、7〜8才位だろうか
姉妹らしき二人が懸命にアタックしてきた。
モンキーバナナ、パパイヤ、ドラゴンフルーツは
30度を越す暑さの中でぐったり状態
聞くと、学校には行っていない。仕事アルカラ!

2005年6月26日〔日〕 PM14:23
《 横浜開港150年記念 》
「神輿と踊りと太鼓のフェスティバル」
神輿ときたら県神輿保存会会長H氏の登場
14基の神輿が赤レンガ広場に勢ぞろい
赤レンガ建物を前、バックに税関のクイーンの塔
ミスマッチ風なロケーションも何のその
威勢がイイ、兄、姉さん方が怒涛の如く
熱い敷石を埋め尽くした。
圧巻 暑感 熱汗
 見てる私はボォーっと傍観